地域に根差して40数年 解決案を提示する 法律事務所です。

事務所紹介

 1968年に東京・池袋に事務所を開設して以来40数年。

 地域の人々・マチのおじちゃんやおばちゃんの心配事、一生懸命に事業を経営してきた方々の悩みを解決してきたベテラン弁護士とフットワークの軽い新鋭弁護士がお力添えをいたします。

 当事務所は、相続問題、成年後見の利用、離婚、家族間の紛争及び労働問題など身近な法律相談から中小零細企業の事業継承や経営紛争まで、幅広く、親切な対応、質の高い法的サービスの提供を目指しています。

所属弁護士紹介

石田 武臣 (いしだ たけおみ) 所長

【ご挨拶】

 生まれ育ったこの街で、困ったときには誰でも気軽に相談できる法律事務所でありたいと思い続けて40余年たちました。

もう少し早く相談に来て頂ければと思うこともあり、また、簡単には解決がつかないこともありますが、決して希望を失うことなく、依頼者のご本人と一緒にとりくみ、問題を解決して、皆さまが元気と希望を取り戻す手助けをさせて頂きたいと願っています。

ベテランの経験と知恵+若手のフットワークという我が事務所のチームワークを発揮して、積極的に解決策を追求することを目指しています。

【経歴】

1965年 司法試験合格

1966年 東京大学法学部中退、司法研修所入所(20期)

1968年 弁護士登録 (東京弁護士会)

1972年 池袋総合法律事務所を共同開設

1976年 東池袋法律事務所を開設

2002年 東京パブリック法律事務所(池袋東口) 初代所長就任

2005年 池袋総合法律事務所を再び共同開設

2011年 弁護士法人きぼう東京きぼう法律事務所(客員)

2013年 東池袋法律事務所を再開設

 

【活動】

日本弁護士連合会

 ・司法支援センター推進本部・委員

東京弁護士会

 ・女性の権利委員会・委員長(1994年度)

 ・外国人人権救済センター運営協議会・議長(1992年度・1993年度)

 ・公設事務所運営委員会・委員

 

【著作】

『保証人のこと、すべて教えます』 (2007,リヨン社)

『外国人問題弁護ノート』 (1999,アルク社)

ほか

渡部 貴之 (わたなべ たかゆき)

【ご挨拶】

 弁護士に相談することは個人であっても企業の担当者であっても、未だにハードルは高いと思われます。その際に、「法律的には難しいから無理です。」などとは言いたくありません。

依頼者の気持ちに共感し、「厳しい状況かも知れませんが、一緒に頑張ってみましょうか。」と言える依頼者に寄り添う弁護士になりたいと思っています。

 悩んだ際にはお気軽にご相談ください。

【経歴】

2011年 私立早稲田大学法学部卒業

2013年 私立早稲田大学法科大学院卒業

〃     司法試験合格

〃     司法研修所入所 (67期)

2014年 弁護士登録 (東京弁護士会)

〃     都内法律事務所に入所

2016年 東池袋法律事務所に入所

 

【活動】

早稲田大学法科大学院アカデミック・アドバイザー
豊島区民泊サービスのあり方検討会(座長職務代理)
としまヤミ金融クレサラ被害対策弁護士ネットワーク(事務局次長)
法と言語学会における共同発表「伝聞例外のタイプと意味伝達」

後藤 真紀子 (ごとう まきこ)

【ご挨拶】

 弁護士登録後、特に医療過誤や交通事故などの人身損害賠償請求事件や成年後見などの高齢者・障がい者に関する事件を多く取り扱ってきました。そのほか、不動産に関する事件、中小企業法務(法律相談、契約書チェック(英文も可)等)、家事事件(離婚・相続・遺言書作成等)を中心にお引き受けしています。
 ここ数年、身をもって日本の医療に対する敬意を深める機会があり、より良い医療を目指すためにも、医療事件に真摯に取り組んでいきたいと考えています。また、最近では交通事故により高次脳機能障害の被害を負った方が後遺障害認定を受けられないというご相談を受けることが多くなり、医療記録を精査し、担当医のご助力をいただいて認定にこぎ着けることが増えています。依頼者の方の声を聞き、共に考えながら法的な道筋をつけるお手伝いをしたいと考えています。

 

【経歴】

1999年3月 一橋大学法学部卒業
1999年10月 司法試験合格
2001年10月 第一東京弁護士会に弁護士登録(54期)
2002年10月 東京弁護士会に登録替え
2008年4月 弁護士法人東京パブリック法律事務所赴任
2010年8月 弁護士法人東京パブリック法律事務所退任、弁護士法人きぼう設立
2018年12月 東池袋法律事務所入所

  

【著作】

「事例解説 成年後見の実務」青林書院・共著・2016年
「医薬品の安全性と法~薬事法学のすすめ」エイデル研究所・共著・2015年
「Q&A成年後見実務全書〈第1巻〉〈第2巻〉」民事法研究会・共著・2015年
「薬害肝炎裁判史」日本評論社・共著・2012年
「専門訴訟講座 医療訴訟」民事法研究会・共著・2010年
「患者のための医療法律相談ーよりよい医療を実現するためにー」法学書院・共著・2010年
「医療事故の法律相談」学陽書房・共著・2009年
ほか

 

【実績・活動】

東京三会医療関係事件検討協議会委員
医療問題弁護団
HPVワクチン薬害訴訟東京弁護団
薬害肝炎弁護団
患者の権利オンブズマン東京
薬害オンブズパースン会議
子ども療養支援協会監事
東京弁護士会高齢者・障害者の権利に関する特別委員会委員
日本弁護士連合会高齢者・障害者権利支援センター幹事
豊島区社会福祉協議会サポートとしま専門相談員
中野区成年後見支援センター専門相談員
日弁連交通事故相談センター本部嘱託(2015年~2017年)
ほか

谷口 太規 (たにぐち もとき)

※2019年5月1日付で事務所を移籍しました。

【新事務所】

弁護士法人東京パブリック法律事務所
170-0013
東京都豊島区東池袋1-34-5いちご東池袋ビル2階
TEL:03-5979-2900 FAX:03-5979-2898

紅山 綾香 (べにやま あやか)

※2019年10月1日付で任期付公務員として赴任いたしました。

協力弁護士紹介

村上 亜喜央 (むらかみ あきお)

【ご挨拶】

 みなさまが「これ、ちょっと不安だ」という問題に直面した時、誰に相談をしますか。事業のことなら、同業者や顧問税理士の先生でしょうか。プライベートのことならご家族、ご友人でしょうか。

私は、ここに「知り合いの弁護士」も入れていただけるような、そんな弁護士を目指しています。弁護士は法律の専門家であるだけでなく、悩み事・もめ事解決の専門家でもあるからです。

法律の問題なのか分からなくとも、ちょっと不安なことがあれば、弁護士にもご相談いただいていいんです。誰の目から見ても法律の問題だと分かるようになる前に、ご相談いただく方が、解決が早くなることが多いです。

みなさまのご相談相手に入れていただけるよう、フットワーク軽く、頑張ります。

 

【経歴】

2010年 私立早稲田大学法学部卒業

2012年 私立早稲田大学法科大学院卒業

〃     司法試験合格

〃     司法研修所入所 (66期)

2013年 弁護士登録 (東京弁護士会)

〃     東池袋法律事務所に入所

2018年 静岡県弁護士会登録換

      山崎法律事務所に入所

【活動】

 早稲田大学法科大学院アカデミック・アドバイザー

 静岡県弁護士会高齢者障がい者委員会委員

 静岡県弁護士会暮らしと雇用の委員会委員

 静岡県弁護士会消費者問題対策委員会委員

 

【著作】

 『過失犯における因果経過の予見可能性』 共著 (2011,Law&Practice)

新着情報

2019年10月1日
紅山綾香弁護士が任期付公務員として赴任いたしました。

2019年6月10日
従前の事務所近くに移転しました。

2019年5月1日
谷口太規弁護士が「弁護士法人東京パブリック法律事務所」へ移籍いたしました。

2018年12月25日
後藤真紀子弁護士が入所しました。

アクセス

〒171-0022
東京都豊島区南池袋3-16-7
MKビル6階

 JR山手線 池袋駅東口 徒歩7分

TEL:03-3983-4848 受付時間:平日9:30~17:00
FAX:03-3983-4826